浮気調査を依頼する際の相場について

浮気調査を依頼する際の相場について

「浮気・不倫」いつの時代も男女関係の悩みは尽きません。

夫(妻)が浮気・不倫をしている可能性がある場合は「探偵事務所や興信所に依頼しようか」考えた事がある方もいると思います。

ですが、ほとんどの人達が探偵業者や興信所を利用した事がないので「相場がどれぐらい掛かるのか分からない」と悩みを抱えている方達が多いと思います。

なので浮気調査に掛かる相場費用や料金体系、安く抑える方法などをまとめてみたので参考にしてみて下さい。

浮気調査に掛かる総額費用は

浮気調査に掛かる総額の費用は、10万円~100万円以上となっています。

これだけ開きがあると「参考にならない」と思われる方が多いと思います。

ですが探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼した場合は、上記の料金・費用が掛かってきます。

これだけ総額費用に大きな差がある理由は、調査人数や調査に掛かった時間によって大きく変わってくるからです。

調査を始めてすぐに証拠を掴めれば10万円程度(以下)の費用で抑えられますが、調査の時間が長ければ長いほど料金も高額になってきます。なので総額の費用も10万円~100万円以上とピンキリになります。

1時間あたりに掛かる費用相場

浮気調査だけではなく、どのジャンルの調査でも1番お金が掛かるのは人件費です。

調査員が動いた時間によって総額費用も大きく変わってきます。

2005年に一般社団法人東京都調査業協会が東京都内の探偵事業者を対象に行ったアンケートによると、調査費用の平均金額は1時間あたり2~2.5万円ぐらいが相場となっています。(アンケート結果は調査員2名の場合となります)

調査員が1人の場合は数千円で依頼する事が出来ますが、人数を減らせば調査力も下がってくるので、結果的に調査時間も掛かり料金も高額になります。調査内容に応じて必要人員を決めましょう。

浮気調査に掛かる主な費用の内訳

探偵事務所によって内訳の違いがありますが、基本的には次のような内容になっています。

調査料金

費用の大半は調査員に掛かる人件費です。

調査に掛かった時間で料金は変わってきますし、時間帯によっても早朝手当や深夜手当が必要となってくる場合もあります。

しっかりと料金体系を把握した上で調査を依頼しないと、後で思わぬ形で調査費用を追加で請求されてしまう事もあるので気をつけましょう。

成功報酬

その名の通り「調査が成功した場合に支払う報酬」です。

依頼者と探偵社側が考える調査の「成功」の基準が違う場合がよくあるので、トラブルに発展する事もあります。

なので依頼する前にしっかりと決めておく事が大切です。

経費

浮気調査の費用の中には経費を含む場合と、基本料金とは別に経費が掛かる場合があります。

主な内容は車両費、交通費、宿泊費、機材費、有料施設利用料、通信費など、調査を行う際に適宜必要になる物の費用が含まれます。

探偵社によってこれらの経費が基本料金に含まれているかで変わってきますので、どこの探偵社が調査に適しているかなどを、他社と比較して見極める必要があります。

手数料

「何の手数料…」と思われると思いますけど、これは報告書の作成費用の事です。

浮気調査では調査終了後に調査報告書が作成されるのが一般的です。

作成された報告書はターゲットの行動が事細かく記されているので、後々の裁判で有利な状況を作ります。

慰謝料の請求や離婚の申し立てに使用する報告書の作成費なども手数料に含まれます。

浮気調査の代表的な料金別相場は

浮気調査における代表的な料金プランには「時間料金型プラン」「パック料金型プラン」「成功報酬型プラン」「基本料金型プラン」があります。

各業者によって料金体系が違うので、しっかり把握しておくと費用も安く抑える事が出来ます。各料金プランをまとめましたので参考にして下さい。

時間料金型

調査員が実際に動いた時間によって費用が変動していく料金システムです。

基本的な料金構成は、「調査員1名1時間の単価 × 調査時間 × 調査員の人数」になっています。

探偵事務所や興信所では最も一般的なプランです。

自由に調査時間を変更する事が出来ますし、調査員を何人も追加する事が出来ます。

短い時間での浮気調査を依頼するならお得です。

ですが調査時間と調査員の人数が増えると料金も高くなりますし、調査員1名の時間単価が他のと比べて割高の傾向があります。

パック料金型

調査料金を調査時間に関係なく固定して料金設定してくれているシステムになります。

料金相場は30万~100万円ぐらいです。パック型を選ぶ時は「浮気をしているかまだはっきり分からない」などや、「証拠が出てくるまで時間が掛かりそう」という時に向いています。

ただ浮気調査の途中キャンセルが難しいため、依頼者と探偵社の間でトラブルが生じることもあります。

途中キャンセルの返金対応をしてくれる探偵社もありますが、浮気調査を依頼する際には、途中キャンセルの返金について確認する必要があります。

成功報酬型

調査が成功した場合にのみ費用を支払う制度です。

調査開始前に着手金を支払う必要がありますが、調査が失敗した時は料金を払う必要がないというのが特徴です。

とはいえ成功報酬型は、依頼者と探偵側の間で「何をもって成功なのか」という基準が違うので、ドラブルが1番多いので注意が必要です。

事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

基本料金型

各探偵業者によって違いがありますが、諸経費などが基本料金に組み込まれている事があるため別途で細かい名目で請求される事は少ないです。

ですが基本料金とは別で請求する探偵業者もあるので、基本料金型プランを選ぶ時は経費や手数料が基本料金に含まれているか確認しましょう。

調査時間に関しては3~8時間などのまとまった最低稼働時間数を設定し、そのまとまった時間数に対し金額を設定するのが一般的です。

他の料金システムと比べるとバランスが取れているので、日時などが特定されている場合や比較的短時間(半日~1日)で済む場合などの調査に適しています。

ただ長期に渡る浮気調査の場合は延長料金が発生する事があります。

15分~30分単位、1時間~2時間単位などまちまちですが、15分~30分単位で延長料金が発生すると費用が高額になってしまうので気を付けましょう。

浮気調査の費用を安くするためには

浮気調査を依頼する際の料金相場の仕組みを大体は分かったと思いますが、「もう少し費用を安く出来ないかな?」という方もいると思います。

という訳で浮気調査の料金、費用を少しでも安くする方法をまとめたので参考にして下さい。

日頃から自分で調査をしておく

「いつ浮気相手と会っているのか」、「本当に浮気をしているのか」これをはっきりさせない事には料金が安くなるプランなどを決める事が出来ないため、日々の生活の中で少しずつ対象者の情報を集めておく事が大切です。

自分なりに旦那の携帯や持ち物などを確認して、証拠の手掛かりになりそうな物を探して起きましょう。

調査を早く進める事が出来るので、費用も安く押させる事が出来ます。

浮気する日をピンポイントで絞る

調査する日に浮気相手と会わなかったら、空振りになり探偵料金も無駄になってしまいます。

後でまた調査依頼をすると探偵料金が増えてしまうので、確実に浮気をする日に調査依頼をしましょう。

いつ浮気しているか分からない場合は、浮気相手と会う日がパターン化してないかよく観察して下さい。

あなたが用事でいない時や、毎週何曜日に会っているのかが分かれば、浮気調査の日が絞れます。

調査してほしいエリアや場所を把握しておく

調査開始前に調査員にエリアや場所を事前に伝えておくことで効率的に調査が出来るようになります。

調査する場所が分かっていれば調査日数や調査時間が長引く事を防ぐ事が出来ます。

細かい情報も把握しているという方は事前に業者に伝えておくことをお勧めします。

もちろん浮気相手の自宅などが分かっている場合は住所も伝えておきましょう。

調査対象の移動手段を細かく伝える

調査対象の移動手段を把握していなければ、予想以上に費用が掛かってしまう事もあります。

バスや電車で移動するのかを事前に把握しておきましょう。

調査員のムダな尾行、張り込み、追跡を少しでも減らして余計な追加料金が発生しないようにすることも料金を削減する上では大切となります。

複数の探偵事務所に見積りを取って比較する

一つの業者よりも複数の業者に見積りを取ってもらった方が価格競争が働きます。

複数の業者に相談して見積りをとってもらう事で、大体の相場も分かりますし、価格交渉も進めやすくなります。

目安は4~5社ぐらいが良いです。

探偵事務所への相談・見積りは無料なので、必ず複数社から見積りをもらいましょう。

追加料金やキャンセル料金で気をつけるべきポイント

基本料金や経費以外でも料金が掛かるケースがあります。

浮気調査を依頼した時の追加料金やキャンセル料金に関する情報をまとめましたので紹介したいと思います。

追加料金

パック料金型の浮気調査であれば追加費用などが掛かるケースは少ないため不安になる必要はありません。

ですが、時間料金型や成功報酬型の場合は状況によって追加料金が掛かるので注意が必要です。

追加料金が発生する場合は主に、「調査員の増員」、「調査時間や日数の増加」、「必要経費が想定よりも掛かった」時などに起こります。

ただ勝手に追加料金を請求してくるのではなく、事前に探偵事務所から相談を受けます。

なので追加料金の内容に違和感がなく、継続して調査を続けてほしい時は追加料金の発生に応じるべきです。

キャンセル料金

契約した後にお金を用意することが難しくなってしまったり、浮気相手と別れたから調査の必要がなくなったりと、色んな理由で調査をキャンセルしたいというケースも出てくると思います。

このような時に気になるのがキャンセル料金です。

調査する前にキャンセルすると調査料金の総額のうち10%~30ぐらい掛かる事を覚えておきましょう。

ですが、探偵会社によってキャンセル料には差があるので契約前に探偵事務所に確認しておく事を忘れてはいけません。

探偵事務所に電話するとき気を付けるべきこと

探偵事務所に電話する時に一番気を付けるべき事はむやみに個人情報を教えない事です。

名前・住所・電話番号・経済状況は出来るだけ探偵に教えないようにして下さい。

簡単に個人を特定されたり、見積もり金額が水増しされる可能性があるからです。

どれも悪徳業者に限った話ですが、個人情報をむやみに教える事は詐欺や恐喝に使われる要因になります。

それに無料電話相談のはずが、後で料金を請求されたりする事もあります。

無料相談という言葉を使って相手側の情報を聞き出すためだったりするので注意しましょう。

探偵事務所に電話をする時は、非通知や匿名でも相談が可能か確認してみましょう。

料金の安さで探偵選びはNG

「費用が高いからできるだけ安い所に依頼したい」というのは当然だと思います。

ですが「費用が他の探偵社よりも安いから」という理由で決めるのはやめた方が良いです。

安く調査が出来る理由は、調査員や時間を減らしたり、調査の質や量を落とす事で価格を下げているだけだからです。

できる限り正しい選定基準で探偵選びをして下さい。

探偵事務所との料金トラブルについて

探偵と依頼者(相談者)の間で料金トラブルになる事は探偵業法施行によりほとんど無くなりましたが、それでも悪質なサービスを提供する悪徳探偵もまだごく一部存在します。

ただ料金トラブルは悪質な探偵の場合だけではなく「依頼者と探偵側の解釈の行き違い」が原因でトラブルが起こる事もあります。

トラブルを避けるためにも「何をもって成功なのか」を具体的に伝える事が大切です。

契約前の確認を忘れないように

浮気調査をする際、費用の大半は調査員に掛かる人件費です。

なので追加費用の発生やキャンセルする場合には注意する必要があります。

契約の段階で追加費用やキャンセルの内容についてしっかり確認してから契約書にサインしましょう。

まとめ

今回は浮気調査に掛かる費用や調査費用を抑える方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

浮気調査には結構な費用が掛かりますが、自分なりに証拠を集める事が出来れば、かなり費用を抑える事が出来ます。

旦那の浮気に関してできるだけコストを抑えた上で調査をしてほしい、と思った場合は事前に準備をしっかり行っておく事が大切です。

探偵事務所・興信所カテゴリの最新記事