浮気で訴えられた時の対処法

浮気で訴えられた時の対処法

浮気・不倫で訴えられたらどんなふうに対処したら良いか知っていますか?

訴えられた時、慰謝料請求や離婚請求などの対応に困る人も多いと思います。

夫・妻から浮気を訴えられ、慰謝料請求された時の正しい対処法をご紹介したいと思います。

浮気で離婚・慰謝料請求された時に確認するべきこと


浮気で訴えられて離婚や慰謝料を請求された時は、まず一旦は冷静になって落ち着く事が大切です。

そして今までの行動をしっかりと振り返りましょう。

浮気相手と性交渉があったか

浮気で訴えられたら、性交渉があったかどうか振り返って下さい。

性交渉・性交類似行為=不貞行為は離婚事由として離婚請求の対象となります。

また貞操義務違反行為として慰謝料請求の対象にもなります。

※不貞行為があった時の慰謝料の金額はこちらのページを参考に→浮気相手を訴えて辛い思いをさせるには

自身に離婚の意思があるか

自分に離婚の意思があるのか考えてみて下さい。

離婚請求の場合、離婚に同意できるなら調停や裁判を経なくても問題ないです。

離婚の意思があるかないか、しっかりと自分の気持ちを整理しましょう。

夫・妻が決定的な証拠を持っているか

夫・妻が「決定的な証拠」を持っているか確認しましょう。

離婚や慰謝料請求には証拠が必要になります。

2人で一緒にいたぐらいでは十分な証拠にはなりません。

ただラブホから出てきた写真などがあると、不貞行為(肉体関係)があったとみなされるので相手が有利になってしまいます。

夫・妻が持っている証拠が有効な物なのか、弁護士に相談してみましょう。

夫婦関係は破綻していなかったか

夫婦関係がすでに破綻していた状態だったら、浮気が原因で精神的に傷つく事はないと判断され、離婚・慰謝料の請求を回避する事が出来ます。

浮気していた時の夫婦関係を振り返ってみて下さい。

慰謝料の金額が不当でないか

慰謝料の金額が不当ではないか確認しましょう。

慰謝料には法律的な相場があるので、あまりかけ離れた金額を請求されても認められません。

相場よりも高い慰謝料を請求された時は減額する事が出来ます。

浮気で訴えられたら弁護士に相談を


浮気で訴えられたら1人で考えず弁護士に相談しましょう。

弁護士費用は安くないですけど、慰謝料の減額に成功すれば結果的に弁護士に相談した方が安くなります。

弁護士に相談する事も考えておくと良いと思います。

まとめ

不倫をしたら慰謝料を請求されるのは当たり前の事です。

誰だって慰謝料は支払いたくはありません。

出来る限り浮気はしないように日々心掛けましょう。

でももし...浮気してしまった場合は日頃から対策を講じておく事が大切です。

今回の記事であなたが慰謝料の請求を回避・減額できれば幸いです。

浮気・不倫調査カテゴリの最新記事