浮気調査に使用するGPSについて

浮気調査に使用するGPSについて

夫や妻の行動が最近怪しいと思っている方の中には、何とかして真実が知りたいと思っている方も多いと思います。

今回はGPSを使って浮気調査をする方法をまとめたので参考にしてみて下さい。

浮気調査で使用するGPSには2種類ある

GPSには「ロガー型」と「リアルタイム型」の2種類のタイプがあります。

簡単に2つのタイプのGPSをまとめたので紹介します。

ロガー型タイプ

衛生からの位置情報を受信してGPS機器本体、または別の場所にデータを記録します。

ロガー型は製品本体自体に居場所の履歴が記録される仕組みなので、リアルタイムで居場所を把握することが出来ません。

繰り返し過去の移動ルートや立ち寄った場所・時刻などの記録を確認する作業になります。

リアルタイム型

本来の現在地情報を調べるという意味で使われるGPSがリアルタイム型GPSです。

リアルタイムでGPS発信機の現在地を調べる事ができ、パソコンやスマートフォンなどの携帯から常に確認する事ができます。

どちらのタイプを使うかは、目的によって選ぶ事をおすすめします。

GPSの種類を知らずに浮気調査を依頼して失敗する人もいるので…。

ロガー型とリアルタイム型のどっちを使えばいいか?

どちらが最適か?となると答えが難しい質問になります。

使用する目的によってどれが良いか替わってくるので、ご自身にあった物を選びましょう。

ロガー型を使って調べる

ロガー型GPSを使って車や身の回りに取り付け、移動したルートや立ち寄り場所、そこでの到着出発時刻・滞在時間が分かります。

ある程度の行動パターンが掴む事が出来るので、先回りして証拠を掴むといった事が可能になります。

この場合はロガー型GPSを使うだけで解決する場合もあります。

証拠入手にはリアルタイム型を使う

リアルタイム型GPSは探偵業界では1番多く使われており、GPSを設置した車や人物の現在地を誤差30秒~3分程度で知らせてくれます。

対象者の現在位置からその移動ルートまで詳細に知る事が出来るので「今どこにいるのか知りたい」と思った時は、リアルタイム型GPSを使います。

「確実に証拠を手に入れたい」と思った時に使えるGPSです。

ロガー型とリアルタイム型のメリット・デメリット

2つのタイプのメリット・デメリットをまとめましたので参考にして下さい。

ロガー型GPSの場合

ロガー型のGPSは安価で入手する事が出来ます。

安い物で3000~5000円程で売られており、ネット通販などで購入出来るだけでなく、お近くの家電量販店やアウトドアショップでも手に入れる事が出来ます。

サイズも小さくて重量も軽いので設置場所を選ぶ事なく使えますしバッテリーの持ちも良いです。

リアルタイム型と違い電波を飛ばす必要もないので、例え仕掛けたGPSがバレたとしても誰の物か特定する事は出来ないので、相手もそれ以上責める事は出来ません。

ためしにGPSを使って浮気調査をしてみたいという人にお勧めです。

デメリットは通信回線を使用する事が出来ないので現在地を知るためには本体を回収しなければいけません。

これは探偵にとっては致命的なので、多くの探偵事務所ではロガー型ではなくリアルタイム型を使っています。

リアルタイム型GPSの場合

リアルタイム型GPSはその名の通りリアルタイムでパートナーの居所を把握する事ができ、尚且つその移動ルートまで詳細に知る事が出来ます。

それだけではなく対象者の位置を自宅のPCやスマホで確認する事が出来るので、怪しい行動を逐一チェックする事が可能です。

この利点を利用し、対象者が浮気相手と接触したのを確認したら、現場に駆け付け浮気の証拠となる写真や動画を撮影する事が出来ます。

デメリットとして、まずは価格です。

ロガー型と比べてリアルタイム型は費用も高いです。

購入する場合は、だいたい10万円程度掛かってしまいます。

それに電波を使用するので電波法のもと月々の使用料が掛かりますし、携帯電話の電波を利用して位置を発信する仕組みなので、電波が届かない所では使用する事が出来ません。

山中や海沿いなどでは、とても精度が悪くなってしまいます。

バッテリーの消費も激しいので、こまめに位置情報を確認するのは控えた方が良いです。

30分~1時間ぐらいの感覚で確認する事をお勧めします。

またリアルタイム型GPSが見つかってしまった場合、所有者・使用者の身元が判明してしまう可能性があります。

リアルタイムGPS=携帯電話なのでリアルタイムGPSにも1台1台携帯電話番号が割り振られています。

GPSでパートナーを監視していた事が分かってしまうと、後々面倒な事になってしまいますので気を付けて使いましょう。

GPSのレンタルについて

ネットで調べると、GPSをレンタルしている業者が複数見つかります。

一般的にレンタルのGPSはリアルタイムで位置情報が確認できるタイプのGPSなので、利用するGPSやレンタル期間によって料金が違います。

料金相場としては1日5000円程度、1週間で2~3万円程度、1ヶ月で4~5万円ぐらいです。

もちろんレンタル期間が2ヶ月、3ヶ月と長くなればその分の費用も掛かるので、長期の浮気調査のだと金銭的負担になってしまいます。

それにレンタルなのでGPSが故障や紛失した時は機器代金や紛失保証金などを払う事になるので、十分に考えてから契約しレンタルして下さい。

GPSを使う時の注意点

まず最初に知ってもらいたいのは、浮気調査にGPSを使う事は法律で禁止されていません。

ですが一歩間違うと違法行為になってしまうので気を付けなければなりません。

GPSを使用する時の注意点についてご紹介したいと思います。

器物損壊や不法侵入

GPSを取り付ける場所として代表的な場所に車があります。

配偶者の車に取り付けるのであれば問題ないのですが、他人の敷地へ入って車に取り付けたりすると、住居不法侵入や器物破損で捕まってしまう可能性があります。

バッテリー残量

位置情報を確認する回数が増えるとその分電力を消費するので、確認した回数が多かった場合には通常よりも早期にバッテリーの充電をしたり、電池を新しく替えておく必要があります。

肝心な時に電池が切れてしまったら、せっかくのチャンスを逃してしまう事になります。

GPSの取り付けは深夜の時間帯を選ぶ

取り付ける時は出来るだけ深夜の時間帯を選び、時間を掛けず手早く取り付けましょう。

事前に取り付ける場所を想定しておく他、一番つけやすい場所を選びましょう。

まとめ

GPSの種類や特徴などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

いきなり探偵に依頼するのは費用も掛かりますし抵抗もあると思います。

まずは今回紹介した方法を参考にして、可能な限り証拠となる物を収集してみましょう。

証拠集めに限界を感じた時は、これまで集めた情報を元に、探偵に依頼すると通常よりも安い費用で調査してもらう事が出来ると思います。

ただGPSを使用する浮気調査は、一歩間違うと違法行為になってしまうので注意しましょう。

浮気・不倫調査カテゴリの最新記事