浮気相手の住所まで尾行する方法

浮気相手の住所まで尾行する方法

浮気が発覚して相手の住所を知る方法があります。

それは自分で見つけるやり方弁護士を使って見つけるやり方です。
自分で見つけるやり方は費用が安く済みますが、個人の労力がかかり個人情報保護法により調べるにも制限があります。
弁護士を使うと「弁護士照会」という法律のネットワークを駆使し電話番号や住所などの個人情報が早く割り出せますが料金がかかります。

今回の記事では自分で住所を知る方法について詳しく書いていきたいと思います。

自分で浮気相手の住所を調べる方法

個人情報
自分で浮気相手の住所を知る方法はありますが、アナログな方法とデジタルな方法があります。

アナログな方法

  • 自分で尾行する
  • 浮気相手を呼び出して聞く

デジタルな方法

  • GPSを相手に取り付ける
  • SNSから特定する

大きく分けると4つのやり方に絞られます。

自分で尾行する

尾行
仮に浮気現場に遭遇した場合、浮気相手を尾行することは費用がかからず相手の情報を知る有効な手段です。
上手く距離を取り尾行して相手の住所まで分かれば一番手間が省けるのですが、一番の問題は「疲労」と「心労」が重なることです。
相手にバレずに尾行して追いかけることは思った以上にストレスがかかり、不安定な心理状態で体を動かすことは並の人間には重圧が重すぎる行為です。
ましてや目の前には浮気相手。「殴りたい」「一言言ってやりたい」など敵意を抑えながら冷静な判断が一般人に行えるでしょうか?
もしかしたら「逃げられるかも」「反撃されるかも」など自分を追い込む自責の念を感じることもあります。
頭の中では実行したいと思ってみても行動してみると自分の心の弱さに気づいて途中で断念することもあります。

浮気相手を呼び出して聞く

聞き出し

この手段は浮気が発覚した際に、浮気相手を呼び出して今後の対応などを話す際の念書を書く時に知ることができます。
このやり方に不安要素があるとしたら「嘘」の情報を書かれることがありますので「身分証明書」のコピーを取っておくと良いでしょう。
ですが脅迫強要行為にならないように気を付ける必要があります。

GPSを相手に取り付ける

GPS
これはGPSという専門の機械を相手に取り付ける必要がありかなりハードルが高い行為と言えます。
手段としては浮気相手のカバンに入れる、浮気相手の車に取り付ける必要があり懐に飛び込むリスクと恐怖があります。
一般人が思う以上にGPSの取り付けには心理的プレッシャーがかかる事を知っていてください。
GPSも安くて1万円から3万円するものまであり、安い買い物ではありません。

SNSから特定する

SNS
これが一番ポピュラーなやり方かもしれません。
特にSNSの中でもFACEBOOKは個人情報特定につながる要素があります。
浮気相手の名前がわかりFACEBOOKをやっていれば勤務先や住んでいる地域・タイムラインから情報を割り出すことができます。
SNSが一番自分で調べるのにハードルが低い方法と言えますが、条件として相手がSNSをやっていることが前提になります。

浮気・不倫調査カテゴリの最新記事