浮気調査にかかる平均日数

浮気調査にかかる平均日数

探偵に浮気調査を依頼しようと思っても、調査結果がどれぐらいの時間がかかるか分からない方が多いと思います。

調査期間が長くなればなるほど料金も高くなっていくので、出来る限り短い時間で調査を終わらせたいはずです。

そこで今回は浮気調査の結果が分かるまでの平均日数などをご紹介して行きたいと思います。

浮気調査にかかる期間と平均日数

浮気調査の期間は探偵に調査を依頼してから完了するまでの事を言い、調査をしない日も入ります。

調査期間の間、探偵はターゲットと浮気相手に関する情報を集めますが、調査期間中でも毎日調査をする事はありません。

それはターゲットが浮気相手と会う回数が週に1~2回だったり、月に4~5回という場合が多いので、毎日会うわけではないからです。

平均日数の場合は、条件や個別の情報などにより結構変わってきます。

また探偵が調査した情報は個人情報が含まれているため、あまり外に漏れる事はありません。

なので平均日数はなかなかつかみにくいです。

ですが多くの探偵事務所が浮気調査にだいたい5日~1週間、長くて2週間ぐらいかかっているので、それぐらいが平均的な調査日数になってくると思います。

調査期間は目的によって変わる

浮気調査の期間は目的によって変わります。

目的が定まらなければ調査方針を立てる事が出来ないので、どう調査したらいいか分からなくなり、調査期間が長くなってしまいます。

また裁判を起こして離婚や慰謝料まで請求する事を目的としているのであれば、それこそ1ヶ月から数ヶ月程度の調査期間が必要となります。

裁判で離婚や慰謝料を認めてもらうためには、何度も浮気をしている証拠を提示しなければならないため、そうした写真や映像を繰り返し撮影する必要があるからです。

自分が有利になるためにもしっかりとした証拠が必要になるので、調査期間が長期に渡る事になります。

浮気調査にかかる時間は探偵の技術でも変わる

探偵は調査のプロですが、失敗する事もあります。

自己報告してくれる探偵は誠実な探偵と受け止めていいですが、尾行に失敗した事を誤魔化す探偵もいます。

こんな探偵に浮気調査を依頼してしまうと、通常よりも浮気調査の期間が長くなってしまい、料金も割増しになってしまいます。

探偵の良し悪しでも浮気調査の期間が変わって来るので、信頼できる探偵に頼む事が調査期間を短縮する事になります。

短期間で調査を終えたいなら証拠集めをしておく

浮気調査を探偵事務所に全て任せる場合と、自分である程度証拠を集めて依頼するのとでは調査期間が大きく変わります。

ターゲットの帰りが遅かったり、最近様子がおかしいなど、浮気の可能性があると思った時は証拠集めの準備をしましょう。

証拠集めに有効な情報になる事が多いのは

  • 携帯のメール(LINE)や通話履歴
  • パソコンの検索履歴
  • ポケットや財布の中身
  • クレジットカードの明細
  • よく利用する店舗や飲食店
  • レシート/領収書
  • 車内

これらを調べる事で浮気相手の情報や次に会う予定などが分かる事があります。

情報が多いほど探偵も調査がしやすくなり、短期間で浮気調査を終える事が出来ます。

まとめ

浮気調査にかかる時間を少しでも短くするためには、自分でもある程度証拠を集めておく事です。

自分で出来る対策をしてから調査を依頼するのが効率的ですし、費用も安くなります。

浮気・不倫調査カテゴリの最新記事